『 お気に入りの写真。』

アクセスカウンタ

zoom RSS 息子の一大事。

<<   作成日時 : 2005/04/25 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
もう時効であろうか。

息子が保育園の年少の時のこと。


いつものように夕方お迎えに行く。

園の門に張り紙があった。


 今日は園児の中には非常にショックを受けている

 お子さんもいらっしゃいますので

 ご家庭でのフォローをお願いします。


と、こんな内容だったろうか。

何だろうと思いながらも、かるーく読んで帰宅。


お風呂の中で「 今日は楽しかった? 」と聞く。

「あのね、A君がね、パパと同じの持ってきてね、

 M君が危ないよって、言ったんだけど、大丈夫って。」

!?

「ふーっ、ふーっ、てやっても消えなかったから先生呼んだの。」

「園長先生がね、ほうきを庭に放り投げたんだよ。

 そしたら消防車が2台来たの。」

ぞくっ!

あんたら、火遊びしたんか!?
 
…と聞きたい気持ちを抑え。


ああ、そうか。

預けるって こう言う事か。


朝ばいばいして、それきり会えないこともあるんだ。

特に息子は別れ際は「泣く」のが習慣だから

最期に見る顔は泣き顔になる訳だ。

急に「覚悟」の足りなかった自分に気付く。


毎朝登園すると、息子は泣く。

「おーい、A君、あっくん来たよー。」

年長のM君はじめ、みんなが遊びに誘ってくれる。

おやつも、昼食も年少組と年長組が混ざることもしばしば。

(縦割り保育の傾向もあったが、先生方の配慮に感謝。)

そんなA君は、事件の次の日、職員室で絵を描いていた。

園長先生から離れようとしないのだ。

園長先生は前髪を焦がしていた。

「エプロンが綿で助かったわー。」

と笑う。涙があふれてきた。


M君と息子の話は、だいたい先生の予想していたとおりだった。

せまい掃除道具入れの中で3人で遊んでいたらしい。

A君は先生にも家族にも話せなかったんだろうな。

消防署の職員も何も言わずに帰ったとのこと。

ここでも多謝。


話はかわって、年中組の時のこと。

この時も申し訳なく、また救われた思いがした。


園長先生は代わっていたけれど、

ある日何度も何度も「迎えに来い。」と言う。

アレルギー持ちで、体温調節の苦手な息子は

熱が38度あっても呼び出しのかからない子だった。

「ヘルペス」だった。

まだステロイドをがんがんに使っていた頃。

からだじゅうぱんぱんに腫れて痛がる。

「お子さん、今日はいつもと違うんです!」

園長先生の気迫のこもった呼び出しに、

本当に頭の下がる思いでした。

命を預かるお仕事に対する姿勢が慮れます。


私のかわりに側に居てくれる、沢山の方々に感謝。

それとともに息子には

そばに居てあげられなかった私を申し訳なく思う。

これからも多々そういった場面はあると思う。



それでも、

いつでも息子を思う気持ちだけは

誰にも負けない。

そう変わらずにいたいと思う。


--------------------------------------------------------------

今回はchipapaさんのおかげで記事にする気持ちがでました。

ありがとうございました。

    第14回【WM友の会】TB企画:
 子供の大事なとき、そばにいてあげられますか?
    http://chipapa.ameblo.jp/

http://ameblo.jp/blog/tbinterface.php/9cff272e2a8cbd781513778a7f3cdc4c

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。保育園に預ける以上、その間は、保育園に任せるしかないのですよね。私が一番こわいのは、地震などの災害です。保育園から職場まで1時間なので、災害の時、すぐに駆けつけることができません。自分自身も身を守りながら、子供達の所になんとかたどり着かなければいけなくて、情報が錯綜することがあれば精神的にもギリギリになるだろうし、、と万一のことを考えると、本当に不安になります。子供がいると、職住近接っていうのがいいのかなぁ、なんて思います。
【WM友の会】のTB企画に、テーマのご提供とTB参加、どうもありがとうございます。配慮に欠ける記事かもってこの記事でしょうか、、よくわからなかったのですが、わざわざコメントも書き込んでくださりありがとうございます。
chipapa
2005/04/29 02:45
chipapaさま
コメントありがとうございました。
いたずらに恐怖心、あおってしまったかと反省してます。
今勤務先は自宅から5分、小学校も公立だから10分。
近さで言えば申し分なしですが…近いのに面倒を見られない
ジレンマもありますね。
トラバできなくてすみませんでしたー。
ruto
2005/04/29 14:31
こんにちは。
chipapaさんの【WM友の会】からきました。(*^_^*)

chipapaさんの記事へのコメントに私の名前が出ていたので、少し気になったのですが…rutoさんの記事を読んでも全然不快には思いませんし、気を悪くなんてしませんでしたよ!
保育園の色々な面を知ることができ、かえって気持ちが引き締まりました。
それに、一生懸命な園の方のことを知ることができ、むしろ嬉しく感じています。

私の息子は保育園に預ける早々、大きな病気で欠席ばかり…。
今も肺炎で入院中です。
けれど、どんな病気もいずれは罹るもの…。
少し早めに罹ってしまった病気を、今はしっかり治してあげたいと思っています。

http://itsukamitakeshiki.ameblo.jp/
itsukamitakeshiki
2005/05/05 21:10
itsukamitakeshikiさま

コメント、そしてお心遣いありがとうございます。
私のほうは思い出かも知れないけど、
渦中にいる方には、余計な心配させたなぁと…。
すみませんでした。

本当に、集団生活っていろんなものを
吸収してきてしまいますね。
もしかして、今入院中ですか?
完全看護?退院されたのかしら…?
いずれにせよまだお加減万全ではないですよね。
お大事に…。
(息子もおうし座5/19生れです。)
ruto
2005/05/05 22:10
読者登録、そしてあたたかいお言葉本当にありがとうございます。(*^_^*)

お察しの通り、根っからのA型完璧主義者のため、思いつめてまいってしまうこともしばしば…。(^_^;)
復職してからはかなり肩肘張ってしまったようで、ここにきてどっと疲れが出てしまい、息子が入院するのとほぼ同時に同じ風邪でダウンしちゃいました(汗)。
もう少し楽にしないともたないですよね。(-_-;)

息子はまだ入院中ですが、少しずつ病状は良くなっているようです。
元気に笑う姿を見ると、安心します。(*^_^*)
早く戻ってこられるといいのですけれど…。

保育園に子供を通わせている友人、知人、身内からは口を揃えて「最初の1年は試練よ!」と言われています。
親子で体を鍛えないとっ!! (>_<)

もうすぐ息子さんのお誕生日ですね!
おめでとうございます。(*^_^*)

http://itsukamitakeshiki.ameblo.jp/
itsukamitakeshiki
2005/05/07 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
息子の一大事。 『 お気に入りの写真。』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる